くが耳鼻咽喉科(愛媛県松山市北条)

週刊 談話室

■戻る

2021年2月21日号

「今週の談話」

スギ花粉症が流行ってきました。

昨年は花粉の飛散が少なかったのですが、その反動で今年は多くなっています。

これは杉の木を見てみれば一目瞭然です。雄花に花粉が満ちています。これが爆発的に飛び出すと花粉症を生じます。

いままでスギ花粉症が無かった私は目がかゆく、外に出ると鼻水がたくさん出て、くしゃみが多くなりました。私は直ぐに葛根湯を飲めば症状が改善します。花粉症には抗アレルギー剤が一般的ですが、葛根湯が適している人もたくさんいます。

杉の木

急に気温が上がり春めいた休日に梅津寺海岸の梅園に行ってきました。

満開の木も3分咲の木もありました。

梅津寺海岸の梅園と伊予鉄道

梅津寺海岸の梅園

 

下草の中には所々に土筆(つくし)が出てきていて、数人の女性が楽しそうに土筆採りをしていました。たんぽぽの花とその絮(わた)も見ることができました。ここはもうすっかり春となっています。

土筆とたんぽぽの花

ここの海沿いに以前は遊園地があったのですが、今は廃園となり、空き地にサッカー場が整備され、愛媛FCの練習場となっています。しかし、幸いに梅園はそのまま残されていて、人々の憩いの場となっています。

新型コロナファイザーのワクチン接種が始まりました。接種した人は95%の効果があるといわれています。副反応は軽微なので、いつになるか分かっていませんが私は順番が来れば打ちます。アナフィラキシーショックは特異体質による症状で、極めて稀にしか生じません。もし生じてもアドレナリン(ボスミン)を注射すればすぐに改善することができます。全く心配は要りません。

世界的に新型コロナウイルスの感染者数が激減しています。マスクやソーシャルディスタンスを保ったことで効果が現れているといわれていますが、あれだけ濃厚接触をしているインド患者数が激減していることが説明できないと、専門家が頭をひねっています。わたしは、「これはウイルスが自然に死滅している現象でもうすぐ、このウイルスは消滅するよ。変異ウイルスが出てきて、既存のウイルスを淘汰しているのだと思う」と妻に説明すると、「久我先生の説だからどうだか?」と笑われました。

ページトップへ