くが耳鼻咽喉科(愛媛県松山市北条)

週刊 談話室

■戻る

2021年3月28日号

「今週の談話」

めまい症の一つに立ったり歩いたりするとき、体がふわふわするめまい感長期間感じる場合があります。今までは原因不明のめまいとされていたのですが、このようなめまいをPPPD(持続性知覚性姿勢誘発めまい)と診断するようになってきました。

頭位めまい症、メニエル病、前庭神経炎などで比較的大きいめまいを生じると、脳が刺激を受けて身体のバランスを保つように働きます。脳の刺激が過剰になるとふわふわ感のめまいが生じるようになります。脳の異常興奮が長期間続くことがふらふら感の原因と考えられていますが、残念ながら明解な治療法はないようです。前庭リハビリ体操が勧められていますが窮余の策の感が否められません。長期にめまい感が続き、仕事などに専念できないことがあり、不安神経症うつ状態なりやすいので、それぞれに対応した精神病薬が使われることもあるようです。

このようなめまいも私は苓桂朮甘湯、半夏白朮天麻湯、真武湯、五苓散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸などのうち適切なものを使い、めまいに効くツボの治療を併用しています。これにより、PPPDのようなあいまいなめまいにも対応することができています。漢方薬でいえば五苓散系統の水分を調節するくすりは過剰の水分を除き真武湯系統のくすりはの水分不足を補い、新陳代謝の不足を改善します。めまいのツボ内耳、腎、大脳皮質下などを刺激、調整するポイントを選んでいます。

五年ほど前からこのめまいに悩まされている方(30歳、女性)が来られました。この治療を行い、治療後1週間目に来られたときにはかなりめまい感はとれ2週間目にはほとんど症状は軽快しました。数か月前から同じようなめまい感が続いている方(50歳、男性)も全く同様に、1~2週間でめまい感はほとんど無くなりました。

このような方のめまいは、PPPDの一つですが、全て同じような方法で対応できます。

PPPDのようなめまいに対しても西洋医学的治療はほぼお手上げですが、漢方薬とツボ(経絡)の東洋医学的治療で治すことができます

リトアニア共和国の大使が松山市を来訪し、俳句を詠んで帰ったのでその俳句の鑑賞文を書いてほしいと、ある日突然、松山商工会議所の方より依頼がきました。日本語素直な清々しい俳句を詠まれていましたので、私も素直に書きました。

なおその俳句には書家の美結さん短冊に美しい書を書かれていました。

以下はその俳句鑑賞文です。

如月のまだ雪残るリトアニア

リトアニア共和国は森と湖に囲まれた美しい国である。バルト三国の最も大きい国として知られていて、美人の産地としても有名である。私たちは第二次大戦中にナチス・ドイツの迫害から逃れたユダヤ人を「命のビザ」で救った外交官杉原千畝氏のこの地での活躍を覚えている。リトアニア共和国は四季があり俳句の生まれる国である。この俳句は駐日リトアニア共和国特命全権大使ゲディミナス・バルブオリス氏の詠まれた俳句である。日本の如月は雪解けの季節であるが、リトアニア共和国はまだ雪が残っていると日本に親しみを覚えながら、美しいリトアニアへの望郷の気持ちを素直に表現している。日本とリトアニアの平和と豊かさを祈念する心が溢れていて静かな感動が伝わる名句である。(久我正明)

さくらの花

 

ページトップへ